Blog

瞑想・ヨーガ哲学入門講座 「日々の澱(おり)」

前回の「日常の中の沈黙」から半年。

再び奈良より金菱哲宏先生をお迎えして
瞑想・ヨーガ哲学入門講座を開講致します。

今回も先生の講座がわたしたちの中に
どのような余韻を残してくれるのか
今から楽しみです。

瞑想・ヨーガが初めての方も
金菱先生のやわらかい雰囲気や言葉に触れ
体感しながら理解を深めてください。

 

=====

「日々の澱 (おり)」

この「わたし」はどこからやってきたのだろう。
この「わたし」は何からできているのだろう。
この「わたし」はこれからどこへ行くのだろう。

生物学的な意味での「わたし」は、両親から命を与えられたということがわかっている。
でもこの「わたし」の性格や心はいったいどこからやってきたものなのか。

日々の暮らしの中で積み重なり、折り重なる出来事と、体験と、記憶と、感情と。
これらが澱(おり)※となって、「わたし」を作っている。

この講座では、「わたし」という織物を作り上げている糸を一本ずつほどいて、
「わたし」のルーツを探っていきます。

「わたし」を作りなすものを一つひとつ知り、その根源を見出すごとに、
「わたし」から解放されていきます。

瞑想の中で「わたし」の根源を見つめましょう。
そして「わたし」の向こう側にある世界に意識を向けていきましょう。

※「澱」… 水底にたまった泥。

=====

 

金菱哲宏 (かなびし あきひろ)

1981年大阪生まれ。
高校在学時よりはてな村でヨーガを学ぶ。
2001年京都大学文学部に入学。インド哲学を専攻。
2003年はじめての訪印(南インド、 ティルヴァンナーマライのラマナ・アー シュラム)。
以後、隔年で同アーシュラムを訪ねている(2021年はコロナ禍のため叶わず)。
2015年京都大学大学院文学研究科満期退学。2016年より東福寺退耕庵にて五十部泰䂖老師に参禅。
現在、大阪大学、立命館大学他でインド哲学、ヨーガ、瞑想を指導。
2020年より奈良にてヨーガ道場 「がらん洞」を主宰。

ヨーガの哲学と実践(坐法、呼吸法、 瞑想)の両方を長年にわたって実習してきた経験から
単なる学問的知識ではなく「暮らしそのものをヨーガにする」ことを目標に指導を行なっている。

 


瞑想・ヨーガ哲学入門講座
「日々の澱(おり)」
2022.8.21(日)
場所 警固神社神徳殿

⚪︎午前の部 (10:00-12:30)
[実践]を中心に
アーサナ、呼吸法、瞑想

⚪︎午後の部 (14:00-16:30) 満席 キャンセル待ち受付中
[哲学]を中心に
講義、瞑想

各回 ¥5,500 (税込)

【お申込み・お問合せ】
ご希望の講座を明記の上
LINE または コンタクトよりお願いします。

 

 

2月のスケジュール

▼UPしました。
⚪︎アーサナクラス
⚪︎ヨーガ哲学・瞑想
⚪︎プライベートレッスン

 

まだまだ寒い日が続きます。
お身体の調子はいかがでしょうか?

身体を労り、整えていくと
呼吸が深まり
気持ちまで穏やかになります。

そんなヨーガの積み重ねを
来月も一緒に育んでいきましょう。

ご参加をお待ちしております。

 


⚪︎募集中の講座

2/19(土)
柳和宏先生
「アロマテラピー&ボディワーカーのための基礎解剖生理学

2/23(水祝)
金菱哲宏先生
「日常の中の沈黙 WS」in 警固神社

 

⚪︎暮らしを彩る植物の学校
「ametsuchi アロマ&ハーブスクール」

 

 

【report 】アロマテラピー&ボディワーカーのための基礎解剖生理学(第1回)

本日よりスタートしました◎

この講座では
解剖生理学を言葉の知識だけでなく
仕組みを理解し、実践に活かすために
基礎を一から学んでいきます。

第1回は
「ホメオスタシス・身体の発生」について。

参加者の方はアロマテラピーを実践されている方以外にも
鍼灸師、整体師、ヨガ講師、セラピストなど様々でしたが
「大切な方を癒したい」
「解剖生理学が苦手」
という思いは共通。

そこを講師の 柳先生
ユーモア溢れる講義で
知識を組み立て、実践へと繋げて頂きました。

考え方や仕組みが理解できると
目的がハッキリとし
アプローチの仕方も変わってきます。

知恵を育むために
まずは正しい基礎知識を。

次回は2/19(土) 「神経系・内分泌系」です。
ご参加をお待ちしております。

 


「アロマテラピー&ボディワーカーのための基礎解剖生理学」

【日時】全7回
第1回(ホメオスタシス・身体の発生)
2022/1/15(土) 14:30-18:30    終了

第2回(神経系・内分泌系)
2022/2/19(土) 14:30-18:30

第3回(免疫系・嗅覚・皮膚の構造と機能)
2022/3/19(土) 14:30-18:30

第4回(骨格系)
2022/4/16(土) 14:30-18:30

第5回(筋系)
2022/5/21(土) 14:30-18:30

第6回(呼吸系・循環器系・泌尿器系・生殖器系)
2022/6/18(土) 14:30-18:30

第7回(消化器系・感覚器系)
2022/7/16(土) 14:30-18:30

【金額】
1回 ¥8,000(税込)
※単発でのお申込みとなります。

【場所】
鍼灸整骨院 雨青舎
福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102
※P数台あり

【講師】
鍼灸整骨院 雨青舎代表 柳和宏
鍼灸師、柔道整復師
依存症・強迫性障害学位
2004年より大阪・京都にて古典東洋医学
理学療法、カイロプラクティックを中心に技術の研讃を積む。
過去、スタイルの異なる3つの整骨院・グループにて主任を歴任。
アフリカ、東欧の貧困国を放浪後、2012年に開業。
フロイト、河合隼雄などの影響を受け
精神・心・肉体の関係性を追求し
東洋思想と現代医学の分析を重んじながら
それぞれの視点を活かし日々臨床にあたっている。

【お申込み・お問合せ】
ご希望の講座・日程を明記の上
LINE または コンタクトよりお願いします。

身体を温めるための冬の陰ヨガ Special Class

本日開催しました◎

長く深くゆっくりとしたアーサナで
ただ静かに内側を観察していく時間。

じっとしているようでも
一つとして同じ感覚はなく
様々な変化が起こっています。

思考を手放し
それぞれが身体と向きあっている姿は
とても穏やかな空気感に包まていました。

ご参加頂きました皆さま
ありがとうございました。

次の春の陰ヨガSpecial Classは
更にゆっくりと長い時間をかけて
開催できればと思っています。

日常でも
心穏やかな呼吸が続きますように。

Today’s Aroma
⚪︎Cedarwood
⚪︎Geranium
⚪︎Lavender

 

 

アロマテラピー&ボディワーカーのための基礎解剖生理学

新しい講座のお知らせです。

「解剖生理学」と聞いて
苦手意識を持たれている方
資格試験のために学んだけれど実際には活かせていない
という方は多いのではないでしょうか。

この講座は解剖生理学を一から学び
アロマテラピーやボディワーカーなど
実践に役立てていくための講座です。

講師には
鍼灸整骨院雨青舎院長 柳和宏先生をお招きし
実習も取り入れながら
解剖生理学の基礎を丁寧に掘り下げて頂きます。

◎基礎から「解剖生理学」を学び直したい方
◎ご自身の身体について一から知識を深めたい方
◎ アロマテラピーインストラクターやセラピストを目指される方
◎ヨガ、マッサージ、整体等のボディワーカー

など
「解剖生理学」にご興味のある方は
どなたでもご参加できます。

日々たくさん流れてくる情報。
様々な情報を見極めるためにも正しい知識を学ぶことは
ご自身だけでなく、大切な方にも活かされていきます。

更に臨床経験が豊富な先生に学ぶことで
実践に生きる智恵へと育むことができます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 


「アロマテラピー&ボディワーカーのための基礎解剖生理学」

【日時】全7回
第1回(ホメオスタシス・身体の発生)
2022/1/15(土) 14:30-18:30
講座レポート

第2回(神経系・内分泌系)
2022/2/19(土) 14:30-18:30
講座レポート

第3回(免疫系・嗅覚・皮膚の構造と機能)
2022/3/19(土) 14:30-18:30

第4回(骨格系)
2022/4/16(土) 14:30-18:30

第5回(筋系)
2022/5/21(土) 14:30-18:30

第6回(呼吸系・循環器系・泌尿器系・生殖器系)
2022/6/18(土) 14:30-18:30

第7回(消化器系・感覚器系)
2022/7/16(土) 14:30-18:30

【金額】
1回 ¥8,000(税込)
※単発でのお申込みとなります。

【場所】
鍼灸整骨院 雨青舎
福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102
※P数台あり

【講師】
鍼灸整骨院 雨青舎代表 柳和宏
鍼灸師、柔道整復師
依存症・強迫性障害学位
2004年より大阪・京都にて古典東洋医学
理学療法、カイロプラクティックを中心に技術の研讃を積む。
過去、スタイルの異なる3つの整骨院・グループにて主任を歴任。
アフリカ、東欧の貧困国を放浪後、2012年に開業。
フロイト、河合隼雄などの影響を受け
精神・心・肉体の関係性を追求し
東洋思想と現代医学の分析を重んじながら
それぞれの視点を活かし日々臨床にあたっている。

【お申込み・お問合せ】
ご希望の講座・日程を明記の上
LINE または コンタクトよりお願いします。